便秘に悩まない暮らしを手に入れる

便秘のことや気になる情報をお届け

知らないと怖い!便秘と大腸がんの関係

   

大腸がんを発症する誘因のひとつに便秘があげられます。
それだけでなく便秘と下痢を繰り返す症状も大腸がんの可能性があるとのこと。

乳がんと同様に早期発見でほぼ治るそうですが、やっかいなことに自覚症状がなかなかないんだそうです。

以前から便秘だったという方よりも、「ある日突然お通じが来なくなった」という方のほうが危険らしいです。

日本人女性の死亡率第1位は、なんと大腸がんだそうです。
男性も含めると最近では胃がんを抜いて第2位。

年々増加傾向にあるとされる病気で、50年前と比べるとなんと7倍まで増加しているんです。

食の欧米化に関係が

便秘で悩む人はなんと全国に100万人もいるとされていますが、これは日本の食事が欧米化してきている事が原因の1つとも言われます。

最近、ごはん(お米)を食べている人は、食べていない人に比べて便秘になりにくいという結果もでているようです。

お米は消化されつつも水分を残したまま腸にまで至るということなんですね。
もちろん食べ過ぎはよくないですが。

玄米や雑穀がお通じ対策にもいいとよく言われますが、日本食は健康維持にもつながりますよね。

大腸がんを防ぐためにも日々の対策で解消を目指したいですね。

 - 便秘

  関連記事