便秘に悩まない暮らしを手に入れる

便秘のことや気になる情報をお届け

ビフィズス菌ってそもそもどんなもの?

   

ビフィズス菌は、腸の調子を整える腸内細菌と呼ばれるものの1つ。
大腸菌(本来は無害だが、いくつかの疾患の原因となることがある)の増殖を抑える働きがあります。

また、腸内細菌には善玉菌、悪玉菌とありますが、ビフィズス菌は私たちの身体に優しい善玉菌です。

もともと私たちの身体の中にはビフィズス菌が住んでいるものなのですが、年齢とともに減少していきます。

最も多い時期が、赤ちゃんのときです。
特に、生後5~7日後。この頃の腸内のビフィズス菌は、最も活発に働き、更に完全母乳で育っている赤ちゃんは、腸内細菌の90%がビフィズス菌です。

ですが、離乳食が始まる5~6ヶ月以降に少しずつ減少し、1歳を過ぎすぎるころには50~60%ほどになります。

この後も減少を続け、20代では10~20%、高齢の方になると、ほとんど体内にビフィズス菌はいなくなってしまいます。

このように、私たちの身体から減少又はいなくなってしまうことで、私たちは便秘や食中毒、更には様々な疾病を発症しやすい身体となってしまうのです。

そこで最近注目されているのが、ヨーグルト。
今、ビフィズス菌入りなどと表示がされたものがたくさん売られていて、便秘を治したい方はとりあえず食べている方も多いのでは?

ビフィズス菌にもさまざま種類があるため、同じ種類のものを毎日とり続けましょう。
またストレスは身体の調子を崩します。ストレスをためない生活にも心がけましょう。

 - 便秘

  関連記事