便秘に悩まない暮らしを手に入れる

便秘のことや気になる情報をお届け

腸もみマッサージで相乗効果を得よう

   

便秘にいいお茶を買って飲むだけで即効で辛い症状が緩和されるほど、私の腸は優しくありませんでした。何年も続いていたので、宿便がたんまり溜まっていて根固まっていたのでしょう。

私も飲み始めたんだよと、周りの友人(同じく便秘がちな子)に話したところ、一緒にやるといいよと薦めてくれたのが「腸もみマッサージ」でした。

寝る前や朝起きた直後など、ベッドの上で下腹部に手をあて、時計廻りに指を使ってグーッと腸を押すというもの。局部的に一箇所だけ強く押すのはNGで、広く深くというイメージでマッサージするといいと言われました。

最初のうちは「苦しい!」という気分だったのですが、押して少し時間を置くと「グルグル」と腸が目を覚ましているのがわかりました。また、自分でお腹をさすることで「ここに溜まってるんだな」というのがわかる(気がする)のです。

腸が目を覚ましたのはわかりましたが、まだ便通はいまいちな気がすると思い、何かさらに便秘茶の効果を高める方法を探したら見つけたのがヨーグルトバナナです。腸内環境には、乳酸菌だけでも食物繊維だけでもダメとの事。なのでどちらも互いに作用することで、お通じが良くなると知ってさっそく実践開始です。

すると、マッサージをサボってしまった日も根こそぎ出ているのを感じられるようになりました。下腹部が軽くなっただけでなく、吹き出物が減ったり化粧ノリがよくなったりと、様々な部分で便秘解消の効果を感じられるようになりました。

 - 便秘

  関連記事