便秘の改善にはお茶と漢方薬とどちらを選ぶべきか?

大抵の人は1日に1度以上トイレに入って大をするものだよと聞き、衝撃を受けたことがあります。私は1週間以上でない時もあり、便秘でお腹が張って苦しいとか食欲があまりないと感じることも多くなりました。

さすがにこのまま放置したままなのも不健康だと思い、お茶を買う以前は病院に行って整腸剤と下剤を出してもらった事もあります。ガスモチンとマグミット、アローゼンという漢方薬です。飲むとお腹がぐるぐる鳴ってたしかにトイレに行きたい衝動にかられました。

最初は今まで出なかったものが出てくれて感動したのですが、お腹がスッキリしている感じがしません。もしかしたら柔らかめのだけ出てしまって、便秘が続いた事によって中でカチコチになったものが溜まっているのかもと考えるとすごく不安でした。

そこで出してもらった漢方薬を飲みきってから再び病院に行って、どうやって対策していけばいいのか相談してみたところ「水分を摂る量が少ない」とのこと。それは1回目に違う病院に行った時も言われたのですが、漢方薬を飲んでおけば治るだろうと思って、あまり意識はしなかったのでした。

その日から私は、お通じ改善のために水をたくさん飲むようにしましたが、意識してはいるもののそんなに毎日は飲めません。たしかに老廃物を出してくれたりして健康には良いのでしょうが、今度は水太りにもなりそうです。そこで、水分も摂れてきちんと対策もできるのはと探して辿り着いたのが便秘改善茶でした。

サプリだったら逆に水分を錠剤に持って行かれそうですが、お茶だったら飲み物なのでそんな事もないですし、漢方のように効き目のある優しい成分で作られているので、下剤のような心配もないので気に入っています。

TOP 頑固な便秘に効くお茶ランキングへ戻る